ブログ

Gravio基本機能2 ~データの蓄積・加工編~

Gravio基本機能2 ~データの蓄積・加工編~

様々なセンサーからデータを収集するためには、センサーからの送信データの形などを定義するファームウェアの開発、センサーから受信したデータをデータベースに書き込むアプリケーションの開発、データを蓄積するためのデータベースの構築が必要となります。

構築する際には、それぞれの間でデータのやり取りを可能にする設定も不可欠です。この一連の開発、構築、設定は様々な知識を要するため容易ではない上、IoTにおけるデータの”取り扱い”を非常に複雑にしています。

データを活用するためには、“集める”、“貯める”、“加工する”を簡単に実現できることが必要です。
今回はGravioで簡単に“貯める”、“加工する”方法をご紹介します。
(“集める”については「Gravio基本機能1 ~データ収集編~」をご参照ください)

貯める ~データの蓄積~


データを分析するには、センサーからのデータを蓄積する必要があります。
データの蓄積には、受信するデータ形式に合わせたデータベースの作成、および受信タイミングに合わせたデータの格納設定などが重要となります。
このように複雑な接続や蓄積の設定が多数あるため、適切に設定することは非常に大変です。

Gravioは、そのような複雑な設定は不要です。
アプリケーション内にデータベースを内包しており、インストールするだけでデータ収集をスタートできます。
かんたんにデータの蓄積を始めるにはすごく便利なアプリケーションです!

加工する ~データの加工処理~


蓄積したデータの活用例としてデータの分析が挙げられますが、そのためには必要なデータを加工整形する必要があります。データの加工整形をプログラムで実装すると相当な手間になります。
実際に、よく使われるSQLデータベースでフィルタリング加工する際は、SQLの構文や関数を使用することになります。毎日データベースの作業をしている方は、こういった構文を記憶されているかもしれませんが、慣れていない方は都度調べながらプログラムを書く必要があり、とても面倒です。

Gravioでは、アプリケーション上からこうしたプログラムを書かず、条件式を設定するだけでフィルター処理が可能です。
その他にも、データの整形、合計や平均といった演算も簡単に設定でき、更には、データ連携をするためのファイル出力も容易に行えます。

あとがき


今回はデータの蓄積・加工機能についてご説明いたしました。
次回は、Gravioからの外部機器の制御について解説します。

【参考】 

Qiita:Gravioで温度データの平均値をファイルに出力する