エッジコンピューティングとは

データの送信元となるセンサーから物理的に近い場所にエッジサーバーを置くことで、ビックデータの一次処理としてデータを加工したり、データ送信におけるネットワーク帯域の負荷を軽減することで、クラウドによる一極集中を避け、分散型のデータ処理を行うコンピューティングメソッドです

Gravioで実現できるエッジコンピューティングの特長<1>

様々なセンサーからのデータ受信方式に対応

Bluetooth(R)
COM(Serial Port)
Wi-Fi
Gravioで実現できるエッジコンピューティングの特長<2>

エリア単位でのデータ保管・処理が可能

Gravio管理画面:エリアとレイヤーイメージ

Gravio:機能一覧

IoTデバイスからの
データ取得と蓄積

取得したデータの
加工処理

IoTデバイスへの
コマンドの送信

外部システムとの
データ連携