Gravioセンサーセットアップ
ボタン電池内蔵型デバイス
温度センサー
温度をリアルタイムで送信します。
設定方法
ドア・窓開閉センサー
ドアや窓の開閉情報を送信します。
設定方法
人感センサー
一定の距離内で物体の移動を感知します。
設定方法
ワイヤレススイッチ
プッシュボタンが押されたときに通知します。
設定方法
振動センサー
振動を感じると通知します。
設定方法
ワイヤレスダブルスイッチ
2つのボタンを持つワイヤレススイッチで、押されたときに通知します。
設定方法
Gravio ライト
Actionプログラムから色を変更できるライトです。USB Type-Cポートからの給電によって駆動します。
* Rental Shipping from Mid September 2019
設定方法
太陽電池パネル型デバイス
温度センサー
温度をリアルタイムで送信します。
設定方法
ドア・窓開閉センサー
ドアや窓の開閉情報を送信します。
設定方法
温度センサー

利用方法

Aqara温度および湿度センサーは室内の温度、湿度、大気圧をリアルタイムでGravioに送信します。

* この製品は室内利用向けです。

セットアップ

  1. Gravio レシーバーをPCに接続した後、Gravio HubKitを起動。Gravio Hubをご利用の場合はGravio レシーバーは必要ありません。また、Gravio レシーバーをPCに接続する前にGravio HubKitがすでに起動されている場合は、Gravio レシーバーを接続した後、Gravio HubKitを再起動してください。
  2. Gravio Studioを起動します。対象のGravio Hubを開きます。(Windows版、macOS版はダブルクリック、iOS版はタップ)
  3. デバイス設定画面が表示されますので、シリアルデバイス一覧に「Zigbee」ドングルが表示されていることを確認して選択します。
  4. このセンサーが最初の接続センサーの場合のみ「リセットボタン」を押してリセットします。(2個目以降はこの作業を必要ありません。)
  5. センサーのバッテリー絶縁シールを剥がします。
  6. 「ペアリングモード開始ボタン」を押してGravio レシーバーとこのセンサーのペアリングを開始します。
  7. センサーを「リセット」します。リセット方法は上図に記載されています。「接続されているセンサー」に「lumi weather」と表示されればペアリングができましたのでパネルを閉じます。ペアリングできない場合は、6~7を繰り返してください。
  8. デバイス設定画面で、エリアとレイヤーを作成します。レイヤーの選択リストから「Aqara-Temperature」を選んでください。
  9. 作成したレイヤーを選択して、このセンサーを関連付けるためにデバイスにある「+ボタン」を押します。
  10. 「Binding Devices」に表示されている「lumi weather」を選択して「Setボタン」を押してからパネルを閉じます。
  11. レイヤーのデバイスに「lumi weather」が表示されますのでスイッチをオンにすると、このセンサーからのデータ受信を開始します。
  12. 受信したデータはデータビューアーで確認することができます。

* 接続に失敗した場合は、センサーをGravio レシーバーの近くに移動して、もう一度お試しください。

設置方法

ステップ 1 : 目的の位置に置きます。

ステップ 2 : 保護フィルムをはがし、希望する位置に貼り付けます。

* 表面を清潔で乾燥した状態にしてください。

仕様

  1. Model: WSDCGQ11LM
  2. Dimensions: 36 × 36 × 9 mm (1.42 × 1.42 × 0.35 in. )
  3. Wireless Protocol: Zigbee
  4. Battery: CR2032
  5. Temperature Range and Precision: -20°~ +50° C, ± 0.3° C
  6. Humidity Range and Precision: 0~100% RH, ± 3%
  7. Atmospheric Pressure Range and Precision: 30 kPa ~ 110 kPa, ± 0.12 kPa
  8. Operating Humidity: 0~95% RH, no condensation
ドア・窓開閉センサー

利用方法

Aqara ドア・窓開閉センサーは、センサユニットと磁石の間の距離によってドアや窓の開閉状態を検出します。 この状態変化をGravioで受信することで、状態に応じてGravioのアクションを割り当てて実行することができます。

* この製品は室内利用向けです。

セットアップ

  1. Gravio レシーバーをPCに接続した後、Gravio HubKitを起動。Gravio Hubをご利用の場合はGravio レシーバーは必要ありません。また、Gravio レシーバーをPCに接続する前にGravio HubKitがすでに起動されている場合は、Gravio レシーバーを接続した後、Gravio HubKitを再起動してください。
  2. Gravio Studioを起動します。対象のGravio Hubを開きます。(Windows版、macOS版はダブルクリック、iOS版はタップ)
  3. デバイス設定画面が表示されますので、シリアルデバイス一覧に「Zigbee」ドングルが表示されていることを確認して選択します。
  4. このセンサーが最初の接続センサーの場合のみ「リセットボタン」を押してリセットします。(2個目以降はこの作業を必要ありません。)
  5. センサーのバッテリー絶縁シールを剥がします。
  6. 「ペアリングモード開始ボタン」を押してGravio レシーバーとこのセンサーのペアリングを開始します。
  7. センサーを「リセット」します。リセット方法は上図に記載されています。「接続されているセンサー」に「lumi sensor_magnet aq2」と表示されればペアリングができましたのでパネルを閉じます。ペアリングできない場合は、6~7を繰り返してください。
  8. デバイス設定画面で、エリアとレイヤーを作成します。レイヤーの選択リストから「Aqara-Door」を選んでください。
  9. 作成したレイヤーを選択して、このセンサーを関連付けるためにデバイスにある「+ボタン」を押します。
  10. 「Binding Devices」に表示されている「lumi sensor_magnet aq2」を選択して「Setボタン」を押してからパネルを閉じます。
  11. レイヤーのデバイスに「lumi sensor_magnet aq2」が表示されますのでスイッチをオンにすると、このセンサーからのデータ受信を開始します。
  12. 受信したデータはデータビューアーで確認することができます。

* 接続に失敗した場合は、センサーをGravio レシーバーの近くに移動して、もう一度お試しください。

設置方法

ステップ 1 : 保護フィルムをはがす。

ステップ 2 : センサーユニットとマグネットのマーカラインを合わせる。

ステップ 3 : 扉や窓に貼り付ける(センサーユニットは移動しない側表面に、マグネットは移動する側表面に設置することを推奨します)ドアや窓が閉まっているときに設置ギャップが22mm以下になるようにしてください)

仕様

  1. Model: MCCGQ11LM
  2. Dimensions: 41 × 22 × 11 mm (1.61 × 0.87 × 0.43 in. )
  3. Wireless Protocol: Zigbee
  4. Battery: CR1632
  5. Maximum Detection Distance: 22mm
  6. Operating Temperature: -10° ~+50° C
  7. Operating Humidity: 0~95% RH, no condensation
人感センサー

利用方法

Aqaraモーションセンサーは、赤外線で人間の動きを検出します。 Gravioと連携させることで、アクティビティが検出されたときに自動的にライトをオン/オフするなど、さまざまなシーンで利用できます。

* この製品は室内利用向けです。

セットアップ

  1. Gravio レシーバーをPCに接続した後、Gravio HubKitを起動。Gravio Hubをご利用の場合はGravio レシーバーは必要ありません。また、Gravio レシーバーをPCに接続する前にGravio HubKitがすでに起動されている場合は、Gravio レシーバーを接続した後、Gravio HubKitを再起動してください。
  2. Gravio Studioを起動します。対象のGravio Hubを開きます。(Windows版、macOS版はダブルクリック、iOS版はタップ)
  3. デバイス設定画面が表示されますので、シリアルデバイス一覧に「Zigbee」ドングルが表示されていることを確認して選択します。
  4. このセンサーが最初の接続センサーの場合のみ「リセットボタン」を押してリセットします。(2個目以降はこの作業を必要ありません。)
  5. センサーのバッテリー絶縁シールを剥がします。
  6. 「ペアリングモード開始ボタン」を押してGravio レシーバーとこのセンサーのペアリングを開始します。
  7. センサーを「リセット」します。リセット方法は上図に記載されています。「接続されているセンサー」に「lumi sensor_motion aq2」と表示されればペアリングができましたのでパネルを閉じます。ペアリングできない場合は、6~7を繰り返してください。
  8. デバイス設定画面で、エリアとレイヤーを作成します。レイヤーの選択リストから「Aqara-Occupancy」を選んでください。
  9. 作成したレイヤーを選択して、このセンサーを関連付けるためにデバイスにある「+ボタン」を押します。
  10. 「Binding Devices」に表示されている「lumi sensor_motion aq2」を選択して「Setボタン」を押してからパネルを閉じます。
  11. レイヤーのデバイスに「lumi sensor_motion aq2」が表示されますのでスイッチをオンにすると、このセンサーからのデータ受信を開始します。
  12. 受信したデータはデータビューアーで確認することができます。

* 接続に失敗した場合は、センサーをGravio レシーバーの近くに移動して、もう一度お試しください。

設置方法

ステップ 1 : 目的の位置に置きます。

ステップ 2 : 保護フィルムをはがし、希望する位置に貼り付けます。

ステップ 3 : センサーをスタンドに貼り付け、スタンドを必要な場所に貼り付けます。

* 表面を清潔で乾燥した状態にしてください。

* 推奨設置高さは1.2メートル〜2.1メートルです。 設置高さが1.2メートル未満の場合、検出エリアは減少します。 2.1メートルを超えると、検出領域に死角が生じることがあります。

* レンズは設置時に検出エリアに合わせて、テーブルやキャビネットの端にできるだけ近づけて貼り付けるようにしてください。

仕様

  1. Model: RTCGQ11LM
  2. Dimensions: 30× 30 × 33 mm (1.18 × 1.18 × 1.30 in. )
  3. Wireless Protocol: Zigbee
  4. Battery: CR2450
  5. Maximum Detection Distance: 7meter
  6. MaximumDetection Angle: 170°
  7. Operating Temperature: -10°~ +45° C
  8. Operating Humidity: 0~95%RH, no condensation
ワイヤレススイッチ

利用方法

Aqaraワイヤレススイッチは、コンパクトなデザインと低消費電力のリモコンスイッチです。  1回押す、2回押す、または長押しなどの操作それぞれにGravioのアクションを割り当てて実行できます。

* この製品は室内利用向けです。

セットアップ

  1. Gravio レシーバーをPCに接続した後、Gravio HubKitを起動。Gravio Hubをご利用の場合はGravio レシーバーは必要ありません。また、Gravio レシーバーをPCに接続する前にGravio HubKitがすでに起動されている場合は、Gravio レシーバーを接続した後、Gravio HubKitを再起動してください。
  2. Gravio Studioを起動します。対象のGravio Hubを開きます。(Windows版、macOS版はダブルクリック、iOS版はタップ)
  3. デバイス設定画面が表示されますので、シリアルデバイス一覧に「Zigbee」ドングルが表示されていることを確認して選択します。
  4. このセンサーが最初の接続センサーの場合のみ「リセットボタン」を押してリセットします。(2個目以降はこの作業を必要ありません。)
  5. センサーのバッテリー絶縁シールを剥がします。
  6. 「ペアリングモード開始ボタン」を押してGravio レシーバーとこのセンサーのペアリングを開始します。
  7. センサーを「リセット」します。リセット方法は上図に記載されています。「接続されているセンサー」に「lumi remote b1acn01」と表示されればペアリングができましたのでパネルを閉じます。ペアリングできない場合は、6~7を繰り返してください。
  8. デバイス設定画面で、エリアとレイヤーを作成します。レイヤーの選択リストから「Aqara-SingleButton」を選んでください。
  9. 作成したレイヤーを選択して、このセンサーを関連付けるためにデバイスにある「+ボタン」を押します。
  10. 「Binding Devices」に表示されている「lumi remote b1acn01」を選択して「Setボタン」を押してからパネルを閉じます。
  11. レイヤーのデバイスに「lumi remote b1acn01」が表示されますのでスイッチをオンにすると、このセンサーからのデータ受信を開始します。
  12. 受信したデータはデータビューアーで確認することができます。

* 接続に失敗した場合は、センサーをGravio レシーバーの近くに移動して、もう一度お試しください。

設置方法

ステップ 1 : 目的の位置に置きます。

ステップ 2 : 保護フィルムをはがし、希望する位置に貼り付けます。

* 表面を清潔で乾燥した状態にしてください。

仕様

  1. Model: WXKG11LM
  2. Dimensions: 45 × 45 × 12 mm (1.77 × 1.77 × 0.47 in. )
  3. Wireless Protocol: Zigbee
  4. Battery: CR2032
  5. Operating Temperature: -10° ~ +50° C
  6. Operating Humidity: 0~95% RH, no condensation
振動センサー

利用方法

Aqara振動センサーは高精度の加速度センサーを内蔵しており、物体の振動や動きを検出します。 ガラス破損などの振動を検出するときなどに利用できます。

* この製品は室内利用向けです。

セットアップ

  1. Gravio レシーバーをPCに接続した後、Gravio HubKitを起動。Gravio Hubをご利用の場合はGravio レシーバーは必要ありません。また、Gravio レシーバーをPCに接続する前にGravio HubKitがすでに起動されている場合は、Gravio レシーバーを接続した後、Gravio HubKitを再起動してください。
  2. Gravio Studioを起動します。対象のGravio Hubを開きます。(Windows版、macOS版はダブルクリック、iOS版はタップ)
  3. デバイス設定画面が表示されますので、シリアルデバイス一覧に「Zigbee」ドングルが表示されていることを確認して選択します。
  4. このセンサーが最初の接続センサーの場合のみ「リセットボタン」を押してリセットします。(2個目以降はこの作業を必要ありません。)
  5. センサーのバッテリー絶縁シールを剥がします。
  6. 「ペアリングモード開始ボタン」を押してGravio レシーバーとこのセンサーのペアリングを開始します。
  7. センサーを「リセット」します。リセット方法は上図に記載されています。「接続されているセンサー」に「lumi vibration aq1」と表示されればペアリングができましたのでパネルを閉じます。ペアリングできない場合は、6~7を繰り返してください。
  8. デバイス設定画面で、エリアとレイヤーを作成します。レイヤーの選択リストから「Aqara-Vibration-Falling」「Aqara-Vibration-Inclination」「Aqara-Vibration-Movement」「Aqara-Vibration-Stable」を選んでください。
  9. 作成したレイヤーを選択して、このセンサーを関連付けるためにデバイスにある「+ボタン」を押します。
  10. 「Binding Devices」に表示されている「lumi vibration aq1」を選択して「Setボタン」を押してからパネルを閉じます。
  11. レイヤーのデバイスに「lumi vibration aq1」が表示されますのでスイッチをオンにすると、このセンサーからのデータ受信を開始します。
  12. 受信したデータはデータビューアーで確認することができます。

* 接続に失敗した場合は、センサーをGravio レシーバーの近くに移動して、もう一度お試しください。

設置方法

ステップ 1 : 目的の位置に置きます。

ステップ 2 : 保護フィルムをはがし、希望する位置に貼り付けます。

* 表面を清潔で乾燥した状態にしてください。

仕様

  1. Model: DJT11LM
  2. Dimensions: 36 × 36 × 9 mm (1.42 × 1.42 × 0.35 in. )
  3. Wireless Protocol: Zigbee
  4. Battery: CR2032
  5. Operating Temperature: -10° ~ +50° C
  6. Operating Humidity: 0~95% RH, no condensation
ワイヤレスダブルスイッチ

利用方法

Aqaraワイヤレススイッチは、コンパクトなデザインと低消費電力のリモコンスイッチです。  1回押す、2回押す、または長押しなどの操作それぞれにGravioのアクションを割り当てて実行できます。

* この製品は室内利用向けです。

セットアップ

  1. Gravio レシーバーをPCに接続した後、Gravio HubKitを起動。Gravio Hubをご利用の場合はGravio レシーバーは必要ありません。また、Gravio レシーバーをPCに接続する前にGravio HubKitがすでに起動されている場合は、Gravio レシーバーを接続した後、Gravio HubKitを再起動してください。
  2. Gravio Studioを起動します。対象のGravio Hubを開きます。(Windows版、macOS版はダブルクリック、iOS版はタップ)
  3. デバイス設定画面が表示されますので、シリアルデバイス一覧に「Zigbee」ドングルが表示されていることを確認して選択します。
  4. このセンサーが最初の接続センサーの場合のみ「リセットボタン」を押してリセットします。(2個目以降はこの作業を必要ありません。)
  5. センサーのバッテリー絶縁シールを剥がします。
  6. 「ペアリングモード開始ボタン」を押してGravio レシーバーとこのセンサーのペアリングを開始します。
  7. センサーを「リセット」します。リセット方法は上図に記載されています。「接続されているセンサー」に「lumi remote b286acn01」と表示されればペアリングができましたのでパネルを閉じます。ペアリングできない場合は、6~7を繰り返してください。
  8. デバイス設定画面で、エリアとレイヤーを作成します。レイヤーの選択リストから「Aqara-TwoButton」を選んでください。
  9. 作成したレイヤーを選択して、このセンサーを関連付けるためにデバイスにある「+ボタン」を押します。
  10. 「Binding Devices」に表示されている「lumi remote b286acn01」を選択して「Setボタン」を押してからパネルを閉じます。
  11. レイヤーのデバイスに「lumi remote b286acn01」が表示されますのでスイッチをオンにすると、このセンサーからのデータ受信を開始します。
  12. 受信したデータはデータビューアーで確認することができます。

* 接続に失敗した場合は、センサーをGravio レシーバーの近くに移動して、もう一度お試しください。

設置方法

ステップ 1 : 目的の位置に置きます。

ステップ 2 : 保護フィルムをはがし、希望する位置に貼り付けます。

* 表面を清潔で乾燥した状態にしてください。

仕様

  1. Model: WXKG02LM
  2. Dimensions: 86 × 86 × 15.12 mm (3.39 × 3.39 × 0.60 in.)
  3. Wireless Protocol: Zigbee
  4. Battery: CR2032
  5. Operating Temperature: -5° ~ +50° C
  6. Operating Humidity: 5~95% RH, no condensation
Gravio ライト

利用方法

Gravio Lightは、Zigbee接続を利用して色を変更できるUSB-C駆動のLEDライトです。

* この製品は室内利用向けです。

セットアップ

  1. 磁気背面パネルをスライドして開き、Gravio LightをUSB-Cケーブルで電源に接続します。
  2. Gravio レシーバーをPCに接続した後、Gravio HubKitを起動。Gravio Hubをご利用の場合はGravio レシーバーは必要ありません。また、Gravio レシーバーをPCに接続する前にGravio HubKitがすでに起動されている場合は、Gravio レシーバーを接続した後、Gravio HubKitを再起動してください。
  3. Gravio Studioを起動します。対象のGravio Hubを開きます。(Windows版、macOS版はダブルクリック、iOS版はタップ)。
  4. デバイス設定画面が表示されますので、右上の[デバイス]アイコンをクリックします。シリアルデバイス一覧に「Zigbee」ドングルが表示されていることを確認して選択します。Zigbeeドングルを選択します(ファームウェア0802以降がインストールされていることを確認してください)。
  5. 「ペアリングモード開始ボタン」を押してGravio レシーバーとこのセンサーのペアリングを開始します。
  6. ペアリングが進行中の場合、カウントダウンが表示されます。そのカウントダウン中に、Gravio LightをUSBドングルの近くで保持し、ライト背面のボタンを数秒間長押しします。
  7. ライトが接続されると、Zigbeeデバイスのリストに表示されます。
    これで、Gravioアクションでライトを使用する準備が整いました。

* 接続に失敗した場合は、Gravio LigthをGravio Receiverの近くに移動して、もう一度試してください。

設置方法

磁気背面パネルを取り外し、電源用のUSB-Cケーブルを接続します。

オプション1 : Gravio Lightを目的の位置に直接配置します。

オプション2 : 保護フィルムをはがし、Gravio Lightがスライドできるように、Gravio Lightの背面パネルを目的の位置に貼り付けます。

* 表面を清潔で乾燥した状態にしてください。

仕様

  1. Model: Gravio Light
  2. Dimensions: 60 x 60 x 27 mm (2.4 x 2.4 x 1.1 in. )
  3. Wireless Protocol: Zigbee
  4. Power: USB-C
  5. Operating Temperature: -10° ~ +50° C
  6. Operating Humidity: 0~95% RH, no condensation
温度センサー

仕様

  1. Model: GRTEMP-JP-00005A
  2. Dimensions: 83 x 25 x 14 mm (3.2 x 0.9 x0.5 in)
  3. Frequency: 928.35Mhz
  4. Wireless Protocol: enOcean
  5. Battery: Solar energy
  6. Start-up time: typ. <2.5 min @ 400 lux, 25°C
  7. Operation time in darkness: 25°C min. 10 days, if energy storage fully
  8. Temperature sensor Measurement:
    range 0-40 °C, resolution 0.16 K; Accuracy typ. ±0.5 K between 17 °C and 27 °C
      typ. ±1 K between 0 °C and 40 °C
  9. Operating Temperature: -20 up to +60 °C
  10. Operating Humidity: 0% ~  93% r.h., non-condensing
ドア・窓開閉センサー

仕様

  1. Model: GRDOS-JP-00090A
  2. Dimensions: 83 x 25 x 14 mm (3.2 x 0.9 x0.5 in); 44 x 9.2 x 8.3 mm (1.7 x 0.36 x 0.32 in)
  3. Frequency: 928.35Mhz
  4. Wireless Protocol: enOcean
  5. Battery: Solar energy
  6. Start-up time: typ. <2.5 min @ 400 lux, 25°C
  7. Operation time in darkness: 25°C min. 10 days, if energy storage fully
  8. Operating Temperature: -20 up to +60 °C
  9. Operating Humidity: 0% ~  93% r.h., non-condensing