Gravioはあらゆるデバイスをつなぐ
エッジインテグレーション
プラットフォームです。
小規模から大規模まで柔軟にスケールアップできる
エッジコンピューティングを提供します。
概要
Gravioは、様々な入力デバイス、カメラ、外部サービスAPIなどに繋げることができる、エッジコンピューティング型のIoT統合ソフトウェアです。ノン・プログラミングと直感的な画面設計により、使い勝手の良さを最重視。さらにAIを活用した認識技術の内蔵とマルチプラットフォーム対応がエッジならではの活用シーンを飛躍的に拡大。各種認証済センサーの無償貸出プログラムもご用意し、導入の際の複雑性も解消。シンプルかつ迅速なIoTの利活用を実現します。
使いやすい
ビジュアルインターフェイス

Gravio は、直感的でわかりやすいユーザーインターフェイスを中心に構築されています。 Gravioを使用してIoTシステムをセットアップするときに、プログラミングの知識は必要ありません。 設定ソフトウェアであるGravio Studioは、様々な利用形態を想定したマルチプラットフォーム対応。Windows、Mac、iPhoneおよびiPadデバイス上で動作可能です。

柔軟かつ優れた拡張性

小規模なプロトタイプであろうと、大量のセンサーから同時にデータを取り込むことを必要とする本格的な分散システムプロジェクトであろうと、Gravioはシンプルかつ柔軟に対応可能。さまざまなシチュエーションを想定し設計されています。

無償貸出デバイス

エッジコンピューティングを始めたいけど、どんなセンサーを使ったらいいのかわからない、という声をよく耳にします。Gravioは、Basic以上のプランであれば無償貸出のデバイスを含めたサービスが利用可能となります。本サービスを利用することで、弊社認証済みの無償貸出デバイスを自由に選んでお使いいただけます。

エッジコンピューティング

エッジコンピューティングを利用することで、中央集権的なシステムから分散し、その配置を最適化することでシステム全体の効率、冗長性、セキュリティを向上させることが可能となります。この技術を採用しているGravioは、ネットワークのエッジ側で様々なデータを処理し、特に従来のクラウド側での処理が不要な作業をシンプルかつ効率的に実現します。

エッジコンピューティングとは?
コンピューティングサービスにおける現時点の主流はクラウドの利用です。 しかし、今後、エッジコンピューティングへの移行や併用など、システムは求められる機能によって適材適所で構築されていくでしょう。わざわざすべてのデータを一元的にクラウドに接続して転送するのではなくデータが生成されるネットワークのエッジ側で処理を実施するほうが適しているケースは多いものです。 この適材適所でのアプローチにより、システムはより速く、より弾力性を持ち、より安全にデータを保ちます。 この優れたアプローチの代表例として近年著しい進化を遂げているのが、スマートカーやコネクテッドカーと呼ばれる最新の自動車です。 これらの車は、ネットワークの「エッジ」、すなわち車そのものの中で多くの計算を行っています。そして、すべての車で共有する必要のある情報だけが中央にあるクラウド上のシステムに送信され、分析され、共有されています。

Cloud Computing

Edge Computing

 エッジで動作する個々のサーバーはクラウドシステムと同様、効率的に相互接続を行います
画像処理の例:

エッジコンピューティングによって、分散・点在したシステムリソースの活用が可能です。これによって高い効率とともに、冗長性や、セキュリティ性の向上が実現します。Gravioは、将来的にシステムの設計がクラウドを利用した集中型の設計ではなく、エッジ側でデータを処理するという前提で設計されています。たとえば、画像や動画などから有意なデータを推論により抽出する場合など、エッジは全ての処理をローカルで行います。推論に必要な機械学習、推論エンジンも全てローカルで実装することで、外部に画像データを転送することなく、画像から推論できる情報を抽出します。当然、ローカル内の画像データなどは推論データに変換後に消去することも可能なため、セキュリティーやプライバシーに配慮したシステム設計が実現できます。

ユースケース
Gravioは、その優れた汎用性と柔軟性により、ビジネスシーンを問わずにご利用いただけます。どのようなビジネスを行っていても、ビジネスが生み出す様々なデータを、より効果的に活用するためのプラットフォームとして、さらなるビジネスの成長、拡大を支援してまいります。
Optimized Footfall
動線の最適化
Optimise Footfall/動線の最適化
スマートショップ&レストラン

一般的に店舗やレストランでは、顧客の店舗内における行動状況、占有率、来客層や頻度、店舗内の環境情報などのデータを分析し活用することでビジネスを大きく改善できます。顧客の行動状況と店舗内の環境情報などの情報を組み合わせて傾向を特定することは、プロモーションの立案など、実ビジネスにとって極めて重要です。 Gravioは、既存の設備を簡単にスマート化することで、ビジネスそのものを「スマートな場所」に変えるのに役立ちます。

Gather Data
データ収集
Gather Data/データ収集
スマートシティ

住環境をとりまくデータの量は増え続ける一方で、日々新たなデータの収集が行われています。それらのデータを活用し、かつ既存のデータなどと掛け合わせることで、都市は効率を改善することが可能です。人、交通、物流などの流れと気候や暦などをマッシュアップし分析することで、今まで以上に充実した情報に基づく意思決定を行うことが可能となります。 Gravioはエッジ型を採用しているため、分散された方法でこれらの情報を収集し、さらに分析に最適な形で情報をクラウド側にある分析基盤に効率的に転送することが可能です。

Analyze and Measure Improvements
ビジネス測定および分析の改善
Analyze and Measure Improvements
ビジネスプロセスの最適化

ビジネスプロセスは、過去数十年ではるかに洗練され複雑になってきました。  Gravioを使用することで、分散された場所で生成される様々な情報をエッジ側でリアルタイム処理し、必要な情報だけをクラウドシステムに送ることで、システム全体の負荷を低減します。これによって、クラウドシステムをより効率的に開発・運用できるようになります。

Observe and Alert
設備監視・アラート
Observe and Alert
Predictive Maintenance
故障予知と予防保守

生産ラインの短時間停止(チョコ停)が、数千ドルの損失を引き起こす、といった話は枚挙にいとまがないものです。ライン上の機器に 接続されたデバイスやセンサーを使って、障害の発生前に故障を予測することができれば、事前に設備のメンテナンスを行うことも可能です。Gravioは、充実したデータ処理・加工機能と、内蔵の機械学習機能を活用することで、故障予知、検知などに必要な情報を適切なタイミングで通知したり、機器そのものの動作を制御することにより、設備の停止を最小限に抑えることができる、信頼性の高いシステムを提供することができます。