ブログ

プラン
簡単IoT
やってみようIoT!
2022-04-01

新しくなったGravio評価機貸出サービス開始!センサー、カメラが一式セットになった評価機の利用手順を解説!

新しくなったGravio評価機貸出サービス開始!センサー、カメラが一式セットになった評価機の利用手順を解説!

本ブログでは、2022年4月1日よりご提供を開始した、Gravio評価機貸出サービスの設定手順をご紹介します。
無償の評価機についてご興味をお持ちの方は、以下よりお申込みが可能です。ご利用に関して事前にご相談いただくことも可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

評価機が既にお手元に届いている方は、本ブログを読んでいただき、設定方法をご確認ください。また、弊社担当と会話しながら設定を一緒に進める無料オンラインセミナーも定期開催しています。

設定に不安のある方や、解決したい課題、実現したい動作がある方はお気軽にご参加下さい。

評価機貸出サービスの内容

以下、評価機の同梱物一覧です。

ケーブルとアダプターは、対応しているデバイスが決まっておりますので、ご注意ください。

ご利用者様にてご用意いただくもの

  • Windows 10 もしくは macOS のPC1台
    ⇒Gravio Hubのセットアップに使用します。
    ※Windows 11 もしくは Windows 10 バージョン 2004以降(2022年3月現在)
  • 接続可能なWi-Fi
  • 電源アダプター
    ⇒Type A-Cケーブルで給電するデバイスに使用します。

セットアップ手順

  1. PCにGravio Studio(無償)をインストール
  2. Gravio Studio上にて、Gravioアカウントを作成してログイン
  3. Gravio Hubの設定
    3-1.  Gravio Hubを起動
    3-2.  PCでGravio HubのWi-Fiに繋ぐ
    3-3.  ブラウザでセットアップページに接続
    3-4.  インターネット設定を行う
    3-5.   設定用のPCを再起動
    3-6. PCのWi-FiをHubが繋いだWi-Fiと同じものに接続し、Gravio Studioから接続確認
  4. センサーのペアリング
    4-1.  センサーのペアリング
    4-2.  センサーデバイスの設定
  5. ペアリングしたセンサーのデータ確認
  6. トリガー/アクションの設定

カメラを使った検証もされたい方は以下も対象です

   7-1. カメラをネットワークに接続(Wi-Fi/有線)
   7-2. Gravio Studio上での設定

1. PCにGravio Studio(無償)をインストール

Gravio Studioは、動作設定やデータ閲覧を行うことができるアプリです。

 

現在利用できるフル機能搭載の最新版「Gravio Studio 4」は、Windows 10 もしくは macOS で動作します。

今回は私のPCがWindows 10なので、Microsoft Storeから「Gravio Studio 4」アプリをダウンロードします。

※Macの場合はApp Storeから「Gravio Studio 4」をダウンロード出来ます。

※Microsoft StoreからGravio Studioをダウンロード出来ない場合はこちらをご覧ください。(Windows 10)

2. Gravio Studio上にて、Gravioアカウントを作成してログイン

次にGravioのサインアップ(アカウント作成)を行います。こちらにログインできませんとGravioStudioを用いた各種設定ができません。

インストールしたGravio Studioアプリを起動し、各項目を入力してサインアップをクリックします。

サインアップ後メールが届きますので、記載されている認証コードを使ってGravio Studioにログインします。
※認証コードの有効期間は30分間です。

ログイン後、Gravio Studioのトップ画面になります。

以下の画面になっていればOKです。

3. Gravio Hubの設定

3-1. Gravio Hubを起動

付属のAnker電源アダプターと、Type-Cケーブルを用い、Gravio Hubを電源に接続します。
電源に接続すると、ランプが点灯します。

Gravio Hubの天面ロゴ部が青に点灯することを確認してください

3-2. PCでGravio HubのWi-Fiに繋ぐ

Gravio HubのWi-Fi設定を行うため、PCのWi-Fi設定を開き、以下のWi-Fiに接続します。

(SSID:GravioHub-××××××   パスワード:graviohub)

3-3. ブラウザでセットアップページに接続

3-2.でGravio HubのWi-Fiに繋げたPCでWebブラウザを起動し、以下にアクセスしてログインします。

http://192.168.100.1:8080
初期ID:gravio
初期パスワード:gravio

ログイン後、初期パスワードの変更を求められます。本評価機では、必ず「gravio123」へとパスワードを変更してください。

ログインが完了すると、Gravio Update Managerが開きます。

3-4. インターネット設定を行う

Gravio Update Manager上で、必ず設定する必要がある項目は、

「Gravio Hubのインターネット設定」のみです

その他の項目は初期値のままでも構いません。

 

ただし一カ所だけ、後工程でのトラブル抑制のためにメモをして下さい。

「ホスト名の設定」という項目があります。

そちらに表示されてるホスト名をコピーし、メモ帳などに貼り付けて保管して下さい。
※(3-5.にて)Gravio Hubアイコンが表示されない場合に、必要になります。

Gravio Hubが接続するWi-Fiをプルダウンから選択し、パスワードを入力します。

普段使用しているWi-Fiで問題ありません。

 

「設定する」を押すと、Gravio Hubが自動的に再起動されます。

その後、Gravio Hub天面のロゴが白点灯になれば、設定は完了しているので、Webブラウザは閉じて構いません。

※Gravio Hubの点灯色が、青色、白色以外の場合、以下ページをご確認下さい。

Gravio Hubのインジケーターランプの状態 - Gravio 4 Documentation

該当する点灯色をご確認いただき、大変お手数ですが弊社担当営業までその旨をご連絡下さい。

3-5. 設定用のPCを再起動

こちらの手順では、一旦パソコンを再起動をして下さい。

3-6. PCのWi-FiをHubが繋いだWi-Fiと同じものに接続し、Gravio Studioから接続確認

 3-4.までの設定完了後は、設定に使用しているPCのWi-Fi設定を元にお戻し下さい。
(Gravio Hubが接続したものと同一のWi-Fiにしてください)

その後、Gravio Studioを立ち上げると、セットアップが完了したHubが一覧に出ていますね!

これで、Gravio Hubの設定は完了です。

※Gravio Hubのアイコンが表示されない場合、以下をご確認ください。

  1. PCを再起動後、Gravio Studioに自動表示されるか確認する
  2. 1で表示されない場合、右上の+アイコンをクリックします。
  3. Hub名はお好きなものを入力します。
  4. Hub IP欄に、Gravio UpdateManager上でメモしたホスト名を入力します。
  5. 右下の保存を押し、Gravio Hubのアイコンが表示されるか確認します。

上記で表示されない場合、大変お手数ですが弊社担当営業までその旨をご連絡下さい。

  

4. センサーのペアリング

次に、センサーの設定に移ります。

センサーとGravio Hubは「Zigbee」という無線通信でデータをやり取りします。

本評価機では、8種類のセンサーと2種類の表示用デバイスがございますが、利用するモノ全てペアリングが必要です。

Zigbeeの無線到達距離は、最大20-30mのため、センサーとGravio Hubの距離はそれ以内にして下さい。

本ページでは、1種類(CO2センサー)のペアリングのみご紹介しますが、他のセンサーでも方法は同じです。

 

4-1. センサーのペアリング

まずは、Gravio Studio上の”GravioHubKitアイコン”をダブルクリックして起動します。

次に、CO2センサーを起動します。

本製品は、常時給電が必要なセンサーですので、USB-Cケーブルで電源に接続します。

なお、USB電源アダプターは同梱されませんので、お手元にあるものをご利用いただくか、利用しているPCからの給電となります。

電源が不要のボタン電池型センサーについては、給電無しで進めることが可能です。

Gravio Studio右上の「デバイス」アイコンをクリックし、「Zigbee」と表示されている部分をクリックします。

次に、ペアリングボタンを押します。すると、カウントダウンが始まります。

カウントダウン中に、CO2センサー背面のボタンを5秒ほど長押しします。

ペアリング中は、センサーの側面が青く点滅します。

完了すると、センサー側面が緑に1回点灯します。

デバイス一覧画面にCO2センサーの情報が表示されていれば、ペアリングは無事に完了です。

デバイス一覧画面は一度閉じていただいて結構です。

4-2. センサーデバイスの設定

様々な種類のセンサーを分かりやすく管理するため、センサー設置場所(エリア)とセンサーの種類(レイヤー)で階層化して管理出来ます。

「デバイス」タブで、「エリアの追加」「レイヤーの追加」「センサーの追加」を順番に行っていきます。

 

・エリアの追加

「+」を押し、エリアを追加します。初期値は「エリア1」となっています。

必要に応じて、センサーの設置場所名(建物名や、フロア名など)に変更して「保存」を押します。

今回は、オフィスで使うことを想定して、「オフィス」というエリア名にします。

・レイヤーの追加

エリア名を保存すると、「レイヤーの追加」画面が自動的に表示されます。

初期値はレイヤー1となっていますが、分かりやすいように名前を付けることをお奨めします。

今回はCO2センサーを連携させるので、「CO2」というレイヤー名にします。

次に、「SENSING DEVICE TYPE」から適切なセンサーの種類を選び、「保存」を押します。

今回はCO2なので、「Gravio-CO2」を選びます。

※本ページではCO2センサーを例にご説明しておりますが、
他のセンサーを使う場合は下記表をご参考に、取得データに適切な「SENSING DEVICE TYPE」をお選びください。

次に、「論理デバイス」の追加を行います。論理デバイスとはセンサーのことを表しています。

画面右側に表示される、「+」をクリックします。

そこに、先ほどペアリングしたセンサー情報が表示されるので、クリックして「設定」を押してください。

設定が完了すれば、論理デバイスが一つ追加されているかと思います。

最後に、右側のスイッチをオンにします。

ここまで完了すれば、センサーペアリングとデータの受信ができている状態です。

では次は実際にデータを見てみましょう。

5. ペアリングしたセンサーのデータ確認

「データビューア」タブを開き、上の項目を選んでデータを表示します。

今回は、「エリア」をオフィスと選択します。

すると、「オフィスエリア」に設定したレイヤーのセンサー情報がすべて表示されます。

一番右の「値」フィールドがCO2値になります。

CO2センサーは常時給電型のセンサーなので、10秒に一回データを送信しており、それがデータビューアでも確認できるかと思います。

データの送信タイミングはセンサーによって異なります。

データの送信タイミングについて気になる方は、こちらをご覧ください。

弊社レンタルセンサーのデータ送信タイミングについて

6. トリガー/アクションの設定

上記までで、センサーからデータを取得する部分を解説しました。

残すは、「取ってきたデータをどのように活用するか?」という部分についてです。

こちらは、Gravio Studioの「トリガー」と「アクション」にて設定します。

Gravioで言うところのトリガーは、あるアクションを動作させる際の基準(閾値)です。

アクションとは、センサーの値がトリガーを満たした時に行う動作のことです。

 

例としては、以下になります。

トリガー:CO2センサーの値が1000ppm以上の場合
アクション:LEDライトを赤に点灯(警告、換気を促す)

 

やりたいことに応じて様々な事が簡単に設定可能ですので、別ページにてご紹介します。

以下のブログでは、特定のセンサーを例に挙げて解説していますが、どのセンサーでも使用可能ですのでご安心ください。

7. ネットワークカメラのセットアップ

最後に解説するのは、カメラのセットアップです。

こちらは、カメラを使った検証をされたい場合のみご確認下さい。

こちらの設定を実施することで、ネットワークカメラで撮影した画像に対して、プリセットの画像認識AIを適用し、「人数カウント」した結果の数値データを取得することができます。

待合室や会議室、オープンスペース、など様々な場所で使うことができます。

取得した数値データは、他のセンサーデータと同様に扱うことができ、「トリガー」や「アクション」の設定も同じように行うことができます。

 

7-1. カメラをネットワークに接続(Wi-Fi/有線)

Wi-FiルーターにWPS機能があるかいないかで設定方法が異なります。

予め利用中のWi-FiルーターにWPSの物理ボタンがついているかご確認ください

 

ネットワークに接続する方法は2種類ございますが、いずれのパターンも

公式の取扱説明書に詳細が記載してありますので、そちらをご確認下さい。

公式マニュアルはこちら

パターン1:WPSボタン有りWi-Fiルーターの設定

 ⇒上記取扱説明書の手順通りに設定できます。

 

パターン2:WPSボタン無しWi-Fiルーターの設定

 一度、有線LAN接続でカメラに接続する必要がございます。上記取扱説明書の「困ったときには」にという箇所をご確認ください。

 

7-2. Gravio Studio上での設定

上記取扱説明書にてカメラ側の設定が完了しましたら、Gravio側の設定に入ります。

 

1.      Gravio Studioにて、対象のGravio Hubを開いた状態で、「設定」タブを開きます。

 

2.      設定タブにて、画像推論モデルをクリックします。利用する推論モデルをここで選択します。

本評価機のアカウント(Gravio Free)では、「NumberOfPeopleTensorFlow」というモデルのみ利用可能です。

「配置する」をクリックして、推論モデルをダウンロードします。

※Gravio Standardプラン以上をご利用ですと、そのほかの推論モデルも利用可能になります。

3.      続いてデバイスタブにて、右上のデバイス一覧アイコンをクリックします。

(センサーペアリング時と同じ画面です)

Camera欄にI-O DATAのカメラが表示されているので、そちらを開きます。

設定項目には、以下を入力してください。

物理デバイス名:カメラ名(初期値)
キャプチャー間隔:Picture(初期値)
キャプチャー間隔:60(初期値)※推奨の撮影頻度(推論実行頻度)となり、1秒単位で入力可能ですが、 60秒以上をお奨めします。
□画像の保存:チェック無し(初期値) ※チェック不要で動作します。
□検出フレームの描画:チェック無し(初期値) ※チェック不要で動作します。
ユーザー:カメラの設定時に使用したアカウントID
パスワード:カメラの設定時に使用したアカウントパスワード

入力が完了しましたら、右下の保存を押し、閉じます。

※この際、I-O DATAのカメラが出てこない場合、Wi-Fiの設定が上手くいっていない可能性が高いので、再度ご確認下さい。

4.      デバイスタブにて、右上の「+」アイコンを押し、カメラを配置するエリアとレイヤーを作成します。

もちろん、エリアは事前に作成しているものでも結構です。

レイヤーの「SENSING DEVICE TYPE」は、先ほどダウンロードした推論モデルを選択します。

NumberOfPeopleTensorFlow」を選んでください。

5.      論理デバイスとして今回のカメラを選択し、スイッチをオンにします。

以上で画像推論の設定は完了です。

データビューアタブを開くと、カメラが認識した人数がデータとして表示されます。

 

この後は、トリガーとアクションの設定を行いますが、トリガーの部分のみ一例を挙げます。

以下のキャプチャでは、「5人以上を検出した場合」、という設定です。

この部分を自由に変更し、アクションの起動条件を変更できます。

アクションの設定につきましては、「6.トリガー/アクションの設定」をご確認ください。

 

本評価機の設定手順解説は以上となります。

最後に

Gravioの評価機について、設定手順を解説しました。

IoTセンサーとカメラAI、いずれもご検証いただけるフルセットですので、こちらをご活用いただき、導入するイメージを掴んでいただければと思います。

 

また、Gravioでは本評価機ではお試しいただけない機能がございます。

カメラAIを活用した、「顔認証」「人の行動検出」などのより高精度な画像推論です。

こちらに関してご検討される方は、個別でご相談下さい。

 

設定に関して、本ブログでは分からないという方は、弊社担当と会話しながら設定を一緒に進める無料オンラインセミナーを定期開催していますので是非ご参加ください。 

また、その他個別のご相談がある場合は、こちらからお問い合わせください。

Gravio を試す!まずは、Gravio Studioをダウンロード

Microsoftから入手App StoreからダウンロードMac App Store からダウンロード
カメラ・センサーを駆使した現場主導・DX推進のススメカメラ・センサーを駆使した現場主導・DX推進のススメ
Gravio CO2測定パックで3密回避!50セット限定月額2,200円(税込)販売キャンペーン開催!わかりやすい大型表示、センサーと表示部は離して設置可能Gravio CO2測定パックで3密回避!50セット限定月額2,200円(税込)販売キャンペーン開催!わかりやすい大型表示、センサーと表示部は離して設置可能【画像認識AI編】ノーコードでAI/IoTを実現!「Gravio」製品紹介セミナー ~顔認証・混雑検知を実機デモでご紹介~ 2021.09.16(木)14:00-15:00 申込はこちら【画像認識AI編】ノーコードでAI/IoTを実現!「Gravio」製品紹介セミナー ~顔認証・混雑検知を実機デモでご紹介~ 2021.09.16(木)14:00-15:00 申込はこちらノーコードでAI/IoTを実現!「Gravio」製品紹介セミナー 2021.08.19(木)14:00-14:45 申込はこちらノーコードでAI/IoTを実現!「Gravio」製品紹介セミナー 2021.08.19(木)14:00-14:45 申込はこちらニューノーマル時代にこそオフィスの可視化が必要に!安心・安全なワークスペースを生み出すIoT活用最前線ニューノーマル時代にこそオフィスの可視化が必要に!安心・安全なワークスペースを生み出すIoT活用最前線